読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療、のその後ブログ

主婦35歳、杉山産婦人科丸の内に通院し、初回の顕微受精で出産

【初回体外受精】38w3d

この日は珍しく夫が有給を取っていたので一緒に健診へ行ってきた。


検尿、体重・血圧測定を済ませて40分程待たされてから診察室へ。

今日も、いつもの女医。

笑顔で「お待たせしました〜。おはようございます!」と挨拶をしてくれる。


早速、横になって経腹エコー。

主人にも、「見やすい所に移動して大丈夫ですよ〜」と声をかけてくれた。

説明してもらいながら、胎児の様子を観察。

この日は2942グラム。

担当医曰く、「グラム数は結構増減する人が多いんですが、

このベビーちゃんは順調に増えていきますね〜」との事。

顔も見え辛いが、頬の輪郭から、「もしかしたらもう少し体重あるかもですね〜」と言われた。


3000グラム超え確定…?!


その後は内診。

所謂「内診グリグリ」というやつ。

医師の指で子宮口の様子を確認するのだ。

若干の痛みはあるが、呼吸に集中してなんとか耐えられた。

子宮口は「だいぶ柔らかい」、「指一本分」、

「胎児の頭はしっかり骨盤にハマっていて、押しても浮いたりせず、“ヤル気満々”」だそう。

でも、「多分予定日前後かな〜」と言われたので、初産だから進みが遅いのかと思った。


予定日より早く会えたら、いいな。

何よりこの一週間、姑と小姑と大姑が旅行で不在なので、その間に産んでしまいたい(笑)

【初回体外受精】37w3d

健診に行ってきた。


この一週間で2キロちょい体重が増えた…。

でももう正産期入ったし、もうあとは中の人のタイミング次第だし、

もう体重は気にしない事にした(言い訳)。


いつも朝タクシーを捕まえるのに苦労するのもあり、

登録しておいた陣痛タクシーで健診に行けると知り、それで向かう事にした。

ちゃんと場所を把握してくれているか、リハーサルにもなるし。

番号通知で指定の番号に電話したら「おはよう御座います、〇〇様」と名前で呼んでくれた。

迎える場所、送り先を確認し、配車の回答を待つ。

結構待たされて、一度「時間がかかっていて申し訳ありません、もう少し探しても良いでしょうか」と

丁寧な断りがあり、お願いしたところ、13分後到着の手配をします、と回答があった。


正確に時間は見なかったけど、恐らく時間通りか少し前に来てくれたのですぐに病院に向かえたし、良かった。


病院に着いて、採尿、体重、血圧測定を済ませてNST

NSTは、ノンストレステストの略で、モニターで胎児の動きや心拍、お腹の張りなどを40分記録するものだ。

リクライニングチェアに座り、モニターを装着してもらい、

胎動を感じたら押すボタンを渡される。

40分そのままじっとしているので時々ウトウトしてしまった。

助産師さんに「少し下がってきたようですね」と言われる。

終了直前にお腹が張ったので数分延長してもらい、問題なく終わったので医師の健診へ。


診察室の電子カルテには早速NSTのグラフが表示されていた。

それを見て医師も「うん、問題ないですね」と笑顔で一言。

横になり経腹エコーをしてもらう。


子宮底長は35センチ。

そりゃあ、2キロちょい増えたし…(笑)

エコーで診てもらった所、胎児がうつ伏せの体勢になりつつあるようで、

顔はぼんやりとしか見えなかった。

体重は100グラム増の2807グラム。


もう、お腹が重くて身動き取るのも大変になってきたので

毎日「お産の準備しようね〜」と声をかけていた効果だろうか、お利口さんなようだ(親バカ)。


先週からの変化について。

☆マタニティフォトの私1人で撮るショットとトッポンチーノ作りはもうほぼ諦めている。

☆先週から、夜、30〜40分程近所を散歩し始めた。

☆余裕がある時は湯船に浸かるようにし始めた。

☆鏡で毎日自分の姿を見ているが、少しお腹が下がってきたように見える。

☆内診出血については、翌日夜で止まった。

人によっては2、3日続くらしいのでそれ位は経過観察で良いらしい。

出血の量が増えたら要注意だそう。

☆お腹の張り、前駆陣痛のような痛みを伴う張りも不規則にだが出てきた。

☆安産になるというお茶、ラズベリーリーフティーを飲み始めた。

Amazonで買ったAMOMAのラズベリーリーフティーです。効果は果たして…?!

1日2ティーバッグを毎日飲むようにしている。


浮腫みも糖尿もなく、殆んどマイナートラブル無しの健康妊婦でここまで来れたようだ。


健診を終えて、医師からは、「ここまで来たら、あとは赤ちゃんのペースですからね〜」と

笑顔で言われて、ぼんやりと写った顔のエコー写真を貰って終了。


満月と新月のあたりは、ソワソワする日が続きそうだ。

【初回体外受精】36w1d

臨月に入った。

流石にタイトルの【初回体外受精】を外してもいいような気もしてきたが、

無事に産まれるまではつけておくことにした。

万が一何かあったとしても、という心の予防線のつもりでつけたタイトルだ。


今週からは毎週健診に行く。

正産期と言われる37週まで漕ぎ着けそうで、心底ホッとしている。

ここまで来れるなんて、去年の今頃は思いもしなかった。


去年の今頃は、友人と台湾旅行に出かけていた。

縁結びのお礼と、子宝祈願をお願いするのが目的だった。

どちらも叶えてもらう結果になったので、いつかお礼にまた訪れたい。


義家族の事は、その後は気にしないようにして過ごしている。

基本的にはとてもいい方達だし、沢山気を遣って優しくして下さるので、

このまま、何もなかったように忘れたい。


この日は臨月初の健診へ行ってきた。

猛暑日で、あまりにも暑くて昼の予約だったがタクシーで移動。


今日はいつもの女医が予約いっぱいで取れなかったので、別の医師にお願いした。

尿検査を済ませ、助産師とバースプランの相談。

途中で呼び出されたので健診へ。

健診が終わってバースプランの続き、血液検査をして終了。


バースプランの相談については、事前に渡されたバースプランの用紙を見せながら、

助産師が丁寧に話を聞いてくれた。

1行1行、私が書き込んだ内容にしっかりと目を通してくれて、

ここはこうですね、と色々応えてくれる。

最初は何を書けばいいのか分からなかったが、妊娠時期が進むにつれ、思いついたことを少しずつ書き足していった。

ざっも書いた内容は、

・麻酔分娩を希望する事

・会陰切開はなるべく避けたい事、その為に会陰マッサージをしている事

・立会いは夫のみに頼む事

・出産後3人で写真を撮りたいと思っている事

胎盤も見てみたいと思っている事

・カンガルーケアを希望する事

・個室を希望する事

・出産直後の夫以外の家族の面会を受け入れる体力があるか、不安な事

・産後は実家に世話になろうとしている事

・母乳育児をしようと思っているので色々教えて欲しい事

・今後、海外移住がある為事前に育児面においてどういう準備をすれば良いのか不安がある事

・その為に私自身も様々なスキルを身につけたりと準備が必要になる為、産後の回復を早めて準備も頑張りたい事


と、意外と増えた。

勿論、状況や母子の容体に応じて全てのリクエストが通る訳ではないと理解しているので、

あくまで産婦のリクエスト、という理解でいる。


これらのリクエストがどこまで通ったか、産後に結果を書けたらと思う。


健診では、経腹エコーと内診をした。

経腹エコーでは、体重は2704g。

おお…、既に立派な体重じゃないか…。

あまり大きくなり過ぎないうちに出てきて欲しいものだ…。

医師から気になる事はありますかと聞かれたので、

肋骨の痛み、腰の痛み、少し子宮口をぐりぐりするような痛みがある事を伝えた。

が、胎児の顔がエコーで見えるので、まだお産の傾向は無さそうとの事だった。


続いて内診。

久しぶりの内診で、夫婦生活も数ヶ月控えていたからか、出血があった。

当日から、茶オリのようなものがあり、翌日も続いている。

サラサラの出血ではないので2、3日は様子見だろうか。

胎動もしっかりあるし、前駆陣痛のような痛みは不定期だし。


内診の結果、子宮口は閉じているし、位置も遠いので矢張りお産の徴候はまだない、との事。

そして、正産期に向けて、これから沢山歩いて下さいねと医師に言われた。

お腹が張ったりしたら休むべきか聞いたら、今週は無理しない程度で、

でも正産期入ったら陣痛来てても歩いて貰いますので、頑張りましょう、

との事だった。日中は無理なので日没後、夜に夫に付き合ってもらって

散歩をしばらくの日課にしようかと思う。


トッポンチーノを手作りしようかと思っているのだが、未だに材料を集めていない。

そろそろ、いい加減手をつけたいのだが、、、

どうにかしてモチベーションを上げるのが当面の課題だ。


マタニティフォトは、ひとまず2人で写るものは週末にセルフで済ませた。

あとは、自分1人のカットを平日日中にでもやればいいのだが、

これもまだ終わらせていない。


早く会いたいと思う反面、きっと生活が激変するであろう事に

どこまでついていけるか、不安も少しある。

やってみりゃなんとかなるよ、と経験者は皆言うけれど。

やってみないと、分からないのは皆一緒なんだよな。

【初回体外受精】35w4d

いよいよ9ヶ月最終週も終わろうとしている。

梅雨も完全に明け、散歩するには暑すぎる日が続いている。


先週からまた一回りお腹が大きくなり、とうとう寝ていると肋骨が痛むようになってしまった。

シムスの体勢(左肩を下にした横向き)なら大丈夫なのだが、

逆だと必ず起きてから肋骨が滅茶苦茶痛むのだ。

今日も起きてから午前中、5、6時間ほどずっと痛くて動けなくて参った。

シムスで寝るようにはしているが、寝返りは無意識でしてしまうので、どうしようもない。

この痛みが生まれるまで続くのかと思うと、今から憂鬱だ。


という事で37週に入ったら直ぐに会おうね、と毎日語りかけている。

どこまで効果があるのやら…。


鏡で見ている感じではまだまだお腹も下がっていないので、なんだかんだ予定日あたりまで粘られそうな気もする。


前回のモヤモヤ記録に星をつけて下さった方、有難う御座いました。

後期のイライラなのか、その後も何故か悲劇のヒロイン的な思考回路に

ハマる瞬間があって、自分自身、とても鬱陶しい。


私が臨月に入ってから義母と義姉達が海外旅行に行くので不在になるのだが、

「私達が帰ってくるまでもたせてね」と言われたり、

その旅行に行く為に私のトランクを貸してくれと頼まれたり。


産まれるタイミングは私が一番知りたい話だから、んなムチャクチャな、と思ったが、笑って濁した。

トランクに関しては入院で使うから無理だと断ったが、代案を提示したものの

「ちょっと考えてみる」と保留され、それにまた勝手にイライラ。


普段なら何て事ない話なのに、なんでこんなにささくれ立ってしまうんだろう。

産んだら産んだでガルガル期があるって言うし。

嫌いになりたくないのに、些細なことが引っかかってしまって、嫌だ。


兎に角陣痛中は夫以外病院に来ないで欲しい。

自分の家族も、生まれてからでいい。

最悪待つとしても、絶対に私には知られないように待って欲しい。

なので入院時は教えずに病院に向かうつもりだ。


この週末、バースプランについても夫に話しておく必要があるかもなぁ。



入院準備は、一先ず事前に入れられるものはトランクに入れた。

抱き枕と円座クッションが矢張り場所を取るので、一番大きいトランクにして正解だった。


あとは、マタニティフォトを自前で撮る事と、実家に送る荷物の発送をする事。


いよいよ感が、出てきた。


【初回体外受精】34w4d

モヤモヤした事をメモしておく。

以前書いた同級生はその後もやらかしてくれたが、

明らかに疎遠にしているのでこのままフェードアウトしていきたい。


信じられない程順調にきている妊娠生活で、心を乱されるような事も殆ど無く来れている。

有難い事だ。


妊娠後期に入ると無性にイライラする、とネットの記事に書いてあった。

大した事ないのに夫にイライラする事も確かに出てきた。

それをぶつけてしまった時は、夫にはその日のうちに

「何故か分からないけれど、後期の特徴でイライラしてしまうようだ、ごめんなさい」と

伝えるようにしているので喧嘩にはならないで済んでいる。

理解してくれている夫に感謝しかない。


それ以外は穏やかに過ごせていると思っていた。


それが乱されたのは、義妹の妊娠報告。


「安定期に入ったので」と義弟と義妹から報告された。

別居している義弟夫婦、おめでたい事だ。


それと同時にどす黒い感情が湧いてきた。

と言うのは、妊娠報告の1カ月前に義母と義祖母が義弟夫婦に会いに行っているのだ。

当然彼女達は妊娠の事は聞いてたし、私が妊娠報告を受けるまで黙っていたのだ。

義弟夫婦が「安定期に入るまでは、出生前検査の結果が出るまでは周りには言わないで」と言ったから黙ってたのだそう。


…私の時は?


妊娠が分かったのは年末だし、義母にだけこっそり報告して、

「まだ4週だし、初期も初期だから周囲には黙ってて下さい」とお願いした。

したのに、勝手に他の家族に話されたのを思い出した。

義姉が酒を飲まない私を不思議に思っていたらすぐに「おめでただって」と伝えた、と

事後報告されたのは心拍確認する前だった。

私達からきちんと妊娠報告は出来ないままだった。


自然妊娠ではないから必要以上に不安に押し潰されそうで、

毎日毎日ググっては不安になってばかりいた私のお願いは聞かずに、

義妹のお願いは聞くんですね。

同じ嫁の立場ですけど。


出生前検査だって、私達はしない選択をした。

検査を受けるという選択肢は、持てなかった。

どんな子でも私達が強く望んだ子を、障害を理由に諦めるなんて、とても出来ないと思ったから。

その選択に後悔はないが、「今回障害持っていたら諦めて次また頑張ろう」と思えるような余裕がある彼らが妬ましかった。


そう、完全な嫉妬だ。


精神的にこんなに不安定になっているとは思いもしなかった。

いつもなら流せるような事が、こんなにささくれ立って胸につかえて苦しい。


その日の夜、大泣きしてしまった。

夫はびっくりしながらも抱き締めてくれた。

泣いている理由は一切言っていない。

言えない。

何故なら、自然妊娠でないのは夫が理由だから。

きっと彼は自分を責める。


でも、こうして側にいてくれる夫と一緒になれて、その夫との子供を授かれて、本当に感謝している。


二人目以降は別居になるので、安定期に入るまでは義実家には伝えないようにしたい。


でも、それ以外は何1つ嫌なところがない人達なので、

そのうちこのどす黒い感情も昇華されていくのかも知れない。

願わくば、それを待ちたい。


【初回体外受精】34w3d

前回の健診から丁度2週間後、健診に行ってきた。

この2週間で増えた体重は1.4キロ。

今までの倍ペースのような気がするが、体重について今まで言われた事ないから、まだセーフの範囲だろうとタカをくくって病院へ。


最近リリースされたポケモンgoを始めてから歩く気力が前より湧いた気がする。

勿論歩いている時はスマホを手に持つだけで見ないし、

バイブレーションでポケモンが近くにいると合図があったら

邪魔にならない所で立ち止まってプレイするようにしている。

レベルは10以上になっているものの、ジムには殆ど立ち入っていないので

バトルのやり方とか、イマイチ分かっていません。

秘技、無我夢中拳!


この日の診察は、珍しく一時間待たされた。

冷房で体が冷やされた頃、漸く診察室へ。

いつもの女医に挨拶をし、「〇〇さん、おはようございます。

ごめんなさいね、大変お待たせしました〜」という一言で一気に許した。

こういう当たり前の言葉をかけられるのって大事だと思う。

特に医者は。


診察台に横になり、子宮底長をまずはかる。

測ってくれた助産師が「ん?こんなに?!」と驚いた33センチ。

因みに2週間前は30センチ。

診察室に入る前に胎動が激しかったので、少し張っているからでしょう、という事で問題無し。


確かにこの2週間でよくお腹が張るようになった。

胎動も激しいし、その影響でキューっとお腹が固くなる感じもしていた。


エコーでも以上無し。

お腹周りは37w4d相当と立派なのに対し、足の骨の太さは35w1d相当。

た、短足くん…?(笑)

重さは2463gと、2週間でほぼ500gほど増えていた。


ここまで立派になってくれて、ありがとうと思うと共に

なんなら正産期に入ったら早めに出てきておくれ、と願ったw


お腹がどんどん大きくなり、動くのもしんどくなるし、

暑くて夜は眠れないし、寝ている間もお腹ボッコンボッコン動くし、

なんならしゃっくりで起こされるし、仰向けが厳しくなってきたし、

同じ体勢してるとすぐ腰が痛くなってくるし、

正直、予定日より早めに産みたくてたまらん。


私も弟も2週間程予定日超過してたらしいので、早めに出ておいでとお腹に声かけしようと思う。


足の浮腫みは未だに出ていないので医師に褒められた。

もともとあまり浮腫みがきになるタイプではないのだが、

寝るときに(暑くない日は)メディキュットを履いて寝たり、

風呂で体を洗うついでにかっさで軽めに血流を促すように

脚、腕、首、肩、デコルテをさっとマッサージする位。

かっさは、去年だかの雑誌VoCEの付録についていた「かっさザウルス」を使っている。

毎日ではないが、気になった時に使うと少しスッキリする。オススメ。


あとは、会陰切開がとにかく怖いので、先週オイルを買ってマッサージを始めた。

どこまで効果があるか今は未知数だが、やらないよりはマシだろうと。

切らないで済むといいなぁ。


診察室では便秘大丈夫かと聞かれるも、化マグでかなり緩くして出していると答え、

「正解です。出ないよりは断然いいですね」と言ってもらった。


次は2週間後、いよいよバースプランの相談を助産師とする。

いつもの女医は予約がいっぱいだったので次回の健診は別の医師にお願いした。


胃が胸の真下、心臓の横あたりまで押し上げられているので

すぐに満腹になるし、下手すると一口ゲロが出そうになってきたのが少しだけ厄介、かな。


それ以外はお陰様で順調です。

そろそろ入院準備を終わらせなければ。

あと、セルフで撮ると決めているマタニティフォトも、この週末にでも挑戦せねば…。

【初回体外受精】32w3d

28週を過ぎたので健診は2週間に一度となる。
ので、前回の健診から丁度2週間後、同じ医師に予約を入れた。
朝一番の時間だとラッシュに被り、大きなお腹で満員電車に乗るのが怖くなったので、前回から行きはタクシーを利用する事にした。
健診に行く為の交通費は確定申告の対象にもなるし、という言い訳を添えて…(笑)

この日も笑顔で迎えてくれた女医にちょっと癒される。
エコーで胎児の様子を見てもらい、しっかり元気に成長している事を確認した。
この日は1946グラム。
顔を映してもらうと、頬も少しぷっくりしてきて、赤子らしい顔つきになってきていた。

異常はなく、尿検査、浮腫もパス、子宮底長も順調に成長している、という事ですぐに終わった。
エコー画像を受け取り、いつものように、「私からは以上ですが、何か気になる事などはありますか?」と聞いてもらう。
この時間があると矢張り安心する。

これまで、信じられないくらい順調に来ているが、顕微受精である以上自然妊娠とは違うわけだし、
何があるか分からないという怖さはこの時期になっても正直拭えない。

お腹が張るという感覚がこの2週間でようやく体感でき、頻度が前よりも上がった事を伝えたが、横になったり休んだりすれば治まるうちは問題ないと答えてもらい、終了。

次回の健診は、丁度2週間後。

体の変化としては、体重増加、お腹が大きくなっている事、
前述の張りを感じるようになった事、毎日一度のおっぱいマッサージで左右ともすこし開通したっぽい事、がある。

少しずつ入院準備も始めつつ、赤ちゃん用品の細々としたものの買い出し、赤ちゃん用のリネンや服の水通し、お下がりの煮洗いをやり始めた。

そろそろバースプランの紙を書き始めたり、入院時に提出する用紙も、夫に見せながら記入し始めようと思う。