読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療、のその後ブログ

主婦35歳、杉山産婦人科丸の内に通院し、初回の顕微受精で出産

【初回体外受精】5w1d

大晦日にピークを迎えたお腹の張りはすっかり鳴りを潜めていた。


妊娠判定から1週間、長かった。

喜びと不安と、親にどこまで伝えるかとか、色々考えながら

婚家の正月支度の手伝い等をして、何だか色々考えた気がする。


とは言え漠然としか考えていないけど。


病院に着き、ピークの1月4日を避けたお陰か、直ぐに呼ばれて内診。

いつもの股おっぴろげ台(言い方よ…)でエコー。

看護師に暮れに張りがあった事、出血はなかった事を伝える。

しっかりと胎嚢が写っているのを見せて貰った。


ああ、ちゃんと子宮の中に居てくれた、と安堵したのも、

初めて我が子を目にした感動で少し涙腺が潤むが、前回同様、医者は流れ作業のようだった。

「はい、ここに袋ありますねー。今日は袋見えたからオッケーですねー。」

以上。


診察室に入ってエコー画像と診察日の日数、予定が書かれた紙、それらを入れるクリアファイルを渡される。

暮れに張りがあったのは卵巣が腫れているからだと説明され、「この程度なら経過観察」

「あまり無理はせずに」「じゃ、1週間後にまた来て下さい」でフィニッシュ。


相変わらずニコリともしない若い女医だなぁ。


診察室を出て、処置室でプロデゲポーを筋肉注射。

相変わらず痛いねぇ。


この注射を打ってくれた看護師は感じが良かった。

カルテを見ながら、「袋見えたんですね、本当に良かったですね。おめでとうございます」。

ここの病院で初めて「おめでとう」って言われたよ。

やっと笑顔で「有難うございます」と言えた気がする。


採卵前、点鼻薬の説明をしながら渡して、「これ、4回分は使える分量なんです。

まぁ、あなたなら1回で大丈夫だと信じていますけどね!」

と言ってくれたのも多分彼女だったと思う。


ここの病院で親身に話をするサービス的な医者や事務に当たっていなかった分、彼女のこうした言葉は嬉しかった。

何の根拠もないけど、「きっと大丈夫よ」「祈ってるよ」そんな言葉が薬のように

精神面を癒してくれる事もあるんだな。


まだまだ油断出来ない時期なのでなるべく手抜き家事で、安静を心がける生活が続きそうだ。