読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療、のその後ブログ

主婦35歳、杉山産婦人科丸の内に通院し、初回の顕微受精で出産

【初回体外受精】30w3d

前回の健診からこの日の健診の間、二度目の超音波検査と4Dエコーをした。


4Dエコーでは、静止画何枚かとエコー動画をDVDに焼いて持たせてくれた。

平日に受けたので、夜夫にも見せて、ここがこうなってて、と説明してみせた。

丁度タイミング良く顔を見せてくれたので、口をパクパクさせたり、笑ったりしている様子を夫にも見せられて良かった。


本来は4Dエコーは不要だね、と話していたのだが、それを聞いた母が少し寂しそうにしていたので

たまたま週に一度しかない4Dエコーの日に予約が取れたのでトライする事にした。

結果、良かったと思う。


その後、入院の手引書などをパラパラと見ていた時に「4Dエコーと超音波検査は別物なので別途予約するように」と書いてあるのを発見し、慌てて超音波検査の予約を入れた。


通りで4Dエコーではやたらと顔ばかりを見せたわけだ…。

超音波検査では、脳、心臓、脊髄、など、全身をしっかりエコーで診てもらった。

何も問題なし、恐れていた口唇口蓋裂もないのでほっとした。


という事で超音波検査の数日後に健診となった。

胎児の成長も順調、痛みを伴う程のお腹の張りも無いので内診なし。

胎児は1648グラムになっていた。

エコーでみる重さは大分前後するらしいので定かではないが、1キロ超えという事実に驚く。

確かに、ここ一週間でお腹の中の密度も増した。

なんと言うのだろうか、「ギチギチ感」みたいな。

胎動も、よりダイレクトに伝わるようになった。

横になっている時に激しい胎動があると、すわ地震かと思う位(笑)


妊娠線は今の所出ていないが、あと10週間で倍の重さになるんだと思うと、より入念に塗らないとと思う。

あと、もう既に結構重いのに、あと何キロ増えんねん、という恐怖も、ある。

現時点で既に9キロ増。

前回の健診から3週間で1キロ増。

やべえ。


逆児は、すっかり治ったようだ。

特にこれという事はやっていない。

強いて言うなら、マタニティヨガのチャイルドポーズを寝る前に五分くらい取ってみたり(2、3回位)

暇な時にお腹に「あんよはこっちだよー」「頭はこっちだよー」と話しかける位。

30週になっても治ってなかったら逆児体操とかお灸とかを始めなければ、と思っていたので頭位になって良かった。