読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療、のその後ブログ

主婦35歳、杉山産婦人科丸の内に通院し、初回の顕微受精で出産

【初回体外受精】36w1d

臨月に入った。

流石にタイトルの【初回体外受精】を外してもいいような気もしてきたが、

無事に産まれるまではつけておくことにした。

万が一何かあったとしても、という心の予防線のつもりでつけたタイトルだ。


今週からは毎週健診に行く。

正産期と言われる37週まで漕ぎ着けそうで、心底ホッとしている。

ここまで来れるなんて、去年の今頃は思いもしなかった。


去年の今頃は、友人と台湾旅行に出かけていた。

縁結びのお礼と、子宝祈願をお願いするのが目的だった。

どちらも叶えてもらう結果になったので、いつかお礼にまた訪れたい。


義家族の事は、その後は気にしないようにして過ごしている。

基本的にはとてもいい方達だし、沢山気を遣って優しくして下さるので、

このまま、何もなかったように忘れたい。


この日は臨月初の健診へ行ってきた。

猛暑日で、あまりにも暑くて昼の予約だったがタクシーで移動。


今日はいつもの女医が予約いっぱいで取れなかったので、別の医師にお願いした。

尿検査を済ませ、助産師とバースプランの相談。

途中で呼び出されたので健診へ。

健診が終わってバースプランの続き、血液検査をして終了。


バースプランの相談については、事前に渡されたバースプランの用紙を見せながら、

助産師が丁寧に話を聞いてくれた。

1行1行、私が書き込んだ内容にしっかりと目を通してくれて、

ここはこうですね、と色々応えてくれる。

最初は何を書けばいいのか分からなかったが、妊娠時期が進むにつれ、思いついたことを少しずつ書き足していった。

ざっも書いた内容は、

・麻酔分娩を希望する事

・会陰切開はなるべく避けたい事、その為に会陰マッサージをしている事

・立会いは夫のみに頼む事

・出産後3人で写真を撮りたいと思っている事

胎盤も見てみたいと思っている事

・カンガルーケアを希望する事

・個室を希望する事

・出産直後の夫以外の家族の面会を受け入れる体力があるか、不安な事

・産後は実家に世話になろうとしている事

・母乳育児をしようと思っているので色々教えて欲しい事

・今後、海外移住がある為事前に育児面においてどういう準備をすれば良いのか不安がある事

・その為に私自身も様々なスキルを身につけたりと準備が必要になる為、産後の回復を早めて準備も頑張りたい事


と、意外と増えた。

勿論、状況や母子の容体に応じて全てのリクエストが通る訳ではないと理解しているので、

あくまで産婦のリクエスト、という理解でいる。


これらのリクエストがどこまで通ったか、産後に結果を書けたらと思う。


健診では、経腹エコーと内診をした。

経腹エコーでは、体重は2704g。

おお…、既に立派な体重じゃないか…。

あまり大きくなり過ぎないうちに出てきて欲しいものだ…。

医師から気になる事はありますかと聞かれたので、

肋骨の痛み、腰の痛み、少し子宮口をぐりぐりするような痛みがある事を伝えた。

が、胎児の顔がエコーで見えるので、まだお産の傾向は無さそうとの事だった。


続いて内診。

久しぶりの内診で、夫婦生活も数ヶ月控えていたからか、出血があった。

当日から、茶オリのようなものがあり、翌日も続いている。

サラサラの出血ではないので2、3日は様子見だろうか。

胎動もしっかりあるし、前駆陣痛のような痛みは不定期だし。


内診の結果、子宮口は閉じているし、位置も遠いので矢張りお産の徴候はまだない、との事。

そして、正産期に向けて、これから沢山歩いて下さいねと医師に言われた。

お腹が張ったりしたら休むべきか聞いたら、今週は無理しない程度で、

でも正産期入ったら陣痛来てても歩いて貰いますので、頑張りましょう、

との事だった。日中は無理なので日没後、夜に夫に付き合ってもらって

散歩をしばらくの日課にしようかと思う。


トッポンチーノを手作りしようかと思っているのだが、未だに材料を集めていない。

そろそろ、いい加減手をつけたいのだが、、、

どうにかしてモチベーションを上げるのが当面の課題だ。


マタニティフォトは、ひとまず2人で写るものは週末にセルフで済ませた。

あとは、自分1人のカットを平日日中にでもやればいいのだが、

これもまだ終わらせていない。


早く会いたいと思う反面、きっと生活が激変するであろう事に

どこまでついていけるか、不安も少しある。

やってみりゃなんとかなるよ、と経験者は皆言うけれど。

やってみないと、分からないのは皆一緒なんだよな。