読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療、のその後ブログ

主婦35歳、杉山産婦人科丸の内に通院し、初回の顕微受精で出産

7m20d

薄毛ちゃんですが、少し髪の毛にボリュームが出てきました。

 

まだ低い声ブーム、唾飛ばし、離乳食飛ばしブームは去っておりません。

離乳食の量は少し減らして、トータル200g弱位にしています。

毎食、浴びております。

少し寝る時間を早めにしましたが、まだまだ遅いので、

徐々に早めていきたいところ。

相変わらず人見知り無しで、誰にでもニコニコ。

ずり這いで回転、後ずさりします。

少しずつ足で踏ん張れる力が強くなり、四つん這い、お尻を高く持ち上げたり

という姿勢も出来るようになってきました。

 

牛乳アレルギーですが、クリニックでの負荷試験を経て、毎日与えて少しずつ量を増やしています。

1gを3日、2gを3日、3gを3日、といった具合。

本来は一週間なんだけど、出国が近いので3日にしましょう、と医師の指導で。

だったんだけど、更にテンポアップして、増やす量を2gずつにする事に。

念の為再度血液検査して、負荷テストももう一度来月にやる事にしました。

 

 

便秘は、ミヤBMだけではうんともすんとも言わないので、

化マグとミヤBMの混合を処方して貰いましたが、これもダメ。

先日化マグを1.5倍に増やした混合を処方して貰い、それでも出なかったら

綿棒浣腸ではなく、ラキソベロンを飲ませる事に、という、

この月齢では凡そ飲ませない強い薬を処方されました。

ラキソベロン使用は二回だけ、あとは化マグで出るようになったんですが、

10日程飲ませ続けたら急に下痢になり、一日に二回もウン漏れが続く事に。

色と臭いも少しいつもと違うので、写メを取って医師に見せました。

胃腸風邪が流行っているのでそれかも、との話だったので、

36時間くらい服用をやめてまた飲ませてみました。

 

思い当たるのは、薬が強すぎるのか、という事と、牛乳アレルギー用ミルクをニューMA1からミルフィーに変えた事。

牛乳アレルギー用のミルクの中でもミルクの成分が一段階大きいミルクに変えて耐性をつけようと思って、

医師に教えて貰ったものに変えたのですが、これがまずかったかな。

ググったら牛乳アレルギー用ミルクで下痢、という事例が出てきたのですが、

ニューMA1では出なくてミルフィーで出るというのが、あるのかな…と思い聞いたら

ミルクの種類はあまり関係ないでしょう、多分胃腸風邪かな、と言われました。

 

丁度便秘のフォローアップの日の朝から鼻水ズルズルだったのでシロップを処方してもらえて良かったー。

 

引越しもいよいよになり、買い溜めしたり、服を減らしたり、バタバタしてます。

業者決めるにも、業界最大手があり得ないくらい失礼な対応をしてきたので

一悶着あり、無駄に消耗したのが残念だったな…。